軽自動車の査定額を少しでも上げるためには?

軽自動車を売ろうということになれば、まずはいくらで売却できるのか査定額を見積もることになります。

軽自動車の査定のポイントは、車種、年式、色、走行距離、オプションなどです。

さらに業者によって評価ポイントは細かく分かれているようですが、基本的にはこれらの点を評価して査定額を算出すると言われています。

さて、査定を受けて、提示された価格に納得がいけば、その時点で取引成立となりますが、できれば少しでも高く査定してもらいたいですよね。

とはいえ、査定を受けて一旦査定額が提示されてからでは、それを更に高くしてくれるように交渉するのは至難の技です。

査定額を高くするには査定を受ける前の段階から少しでも査定額が上がるような対策をする必要があるということになります。

では、最初の査定の時点で高く見積もりを出してもらえるようにするにはどうすればよいのでしょうか?

簡単に言ってしまえば、業者の人が高く売れそうだと思うようなアピールをするということです。

中古車業者の仕事は、安く仕入れて、高く車を売ることです。

その差額が利益になるのですから、別にこれは悪いことでも何でもなく企業として当然なやり方です。

会社の利益を減らしてでも自分の車を高く買って欲しいというアピールではやはり無理があるので、行きつく方法としては、自分の車が高く売れるという点をアピールをするということになります。

ボディーカラー(白、黒が人気カラー)、メーカーオプション、特別仕様車、ホイール等々、自分の車の良いところだと思う点をアピールするのです。

また、査定マンンも人の子、第一印象の良し悪しも全体的な査定額に影響するかもしれません。

査定する車が外装、内装、エンジンルームともきれいにしてあれば、「これは大切に乗られてきた車だな」と思ってもらえるでしょう。

そのためには最低限、洗車や掃除をして、車の外観や内装がきれいに見えるようにするなどの工夫が必要です。

ただし、修理工場でなければ直せないような傷や凹みは査定前に修理しない方がいいとされています。

修理してもそれによる査定額アップは実際にかかった修理費より小さくなるからです。

車検についても、残期間が少なくても査定前に車検を通すことは止めた方がいいと言われています。

理由は、傷、へこみの修理と同様、車検を通しても車検費用を上回る査定額のアップは望めないからです。


<当サイトのメニュー>
ホーム軽自動車の査定とは?ネットで査定相場を調べる軽自動車の下取りと買い取り
査定・売却のタイミング軽自動車買い換えの注意点複数社から査定してもらう査定を受ける時の心得
買い替えをお得に行うコツ査定額を上げるための対策



このページの先頭へ